なぜ今LGBTドラマが量産? 今春は5作放送で軒並み好評

この記事は約1分で読めます。

最近よく耳にする言葉ですがテレビドラマで現在5作品が放送中で好評をきしてるそうです。

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

フライデーDigital
NHKでも3作品を放映中だそうですので国策なのでしょか?

人口減少の少子化に本腰を入れない政府は対策として来日すればすぐに仕事をして働き税金を払ってくれる外国人労働者を噂では将来は1000万人にするそうですので日本人が結婚して子供を作るより手っ取り早いです。

報道の自由、報道しない自由・・・結婚する自由そして結婚しない自由は今の世代の流行ではないでしょうか?

ロシアでは大統領がゲイを毛嫌いしてると言われてますがロシアではゲイは虐められるので立場が狭いようです。

ロシアでゲイの話はロシア女性に聞けいろいろ押してくれます。私のパートナーもそうですが女性ってゲイの人が好きですね。理由は話し上手そして危険性が無いからだそうです。

最新ウラジオストクニュースではゲイの集まるお店(バー?)が誕生してるそうです。

コメント