7月29日~8月6日ウラジオストク運営者はお休みです。それ以降は仕事をしてますのでウラジオストクへどうぞ!

混血は強い子供を作る!

この記事は約2分で読めます。

混血という言葉は異文化人の間に生まれた子供に対して使うのは正しくないですね。セックスをする時には血は混じりません。遺伝子交換で出来るのが子供ですので正しくは・・・二人の子供という表現で十分と思います。

またハーフという言葉も一種の差別用語で日本では白人と日本人の間に生まれたことどもを指すのが普通です。

アメリカ人とアジア人の間に生まれたこともはアメラジアンと呼ばれてたのは沖縄やベトナム戦争後のベトナムに残されたアメリカ兵の子供たちです。

 

時代は新しくなってますので前向きな話です。
何と11年ぶりに見た久しぶりの有名人。

タイがー・ウッズです。11年ぶりに勝利を掴んだようです。
タイガーは国籍はアメリカですが自称はアジア人と自分で言ってますしタイの大英雄です。

お父さんがアメリカ人でお母さんがタイ人です。
詳しく分けるとお父さんは会増えリア系黒人+ネイティブアメリカン(インディアン)でお母さんはタイ人とオランダ人そして中国系の血統だそうですのでタイガー・ウッズは正確には四分の3がアジア系の血となるそうです。

ここまで血が混じると肉体的に普通以上の強靭な体格になるのが普通だそうでアメリカの血液学の権威の方が国際結婚は強い子供が生まれる可能性が高いです、と教えてもらい国際結婚で強い子供を作るのは良いことですと私の仕事を褒めてくれました。

会話倶楽部発足から22年、最初の頃のカップルの子供はそろそろ成人式を人が現れる時期になってますがまだ目立った情報は入って来てません。

コメント