7月29日~8月6日ウラジオストク運営者はお休みです。それ以降は仕事をしてますのでウラジオストクへどうぞ!

日本の国会議員の英語力は・・・??

この記事は約2分で読めます。

ネットにはいろいろ情報がありますので参考になるでしょう・・・?
今まで一回だけ日本の大臣の英語を傍で聞いたことがあります。
何故か通路を挟んだ席に見覚えのある大臣が一人で座ってました。座席は・・・ビジネスクラスでワーストクラスはありませんでした。

何故、私がそんな席にいたのか?ビジネスもエコノミーも料金が1万円しか差がなかったのでビジネスを買いました。結構値段は安かったですが当然、帰国の時は飛行機は4時間停まったままで動きませんでした。

この大臣は運が悪いというか日本の航空便より先に日本に帰れる便を選んだのでしょう。CAに英語らしき言葉で毛布を頼まれてましたが英語を話せるCAが聞き直してましたので二人の会話が聞こえてて目が覚めました…英会話というより英単語を並べてました。
お付きの人達も10数名いたようですが別のキャビンに座ってました・・・
私の通路を挟んだ反対側に日本の大臣が一人で・・・普通だったら危ないですがその大臣は目立たない人で功績のない方だったので誰も心配はしてなかったのでしょう。

 

英語が堪能でもアタマがアホな人だと勝手にしゃべらすのは危険です。
通訳のふりしたブレーンが必要でしょう。

たとえば宮沢喜一氏は、過去おそらく最も英語が堪能な政治家だったと思いますが、功績はご存知の通りです。

アジア各国を援助する場合は各国に強いコネをもつ大臣がその国との友好協会の会長のポジションについてるのが普通です。

宮沢喜一氏の場合はフィリピンでした。
フィリピンへの日本政府の援助を行ってましたが日本での名目は何とかアジア協力援助という名目ですが現地の人達は宮沢基金と呼んでました。宮沢氏からの贈り物とかんがえてたようです。

安倍首相の父親は外務大臣を経験してますがタイの顔役で日本政府が約束した援助金がタイに届かない場合は 安倍は何をしてる!?というのがタイ人の苦情。

ネパール関係の日本の大臣は橋本氏でした。私がネパール滞在中に女性同伴でネパールに来られたようで現地の新聞に女性も一緒に写ってました。もちろん彼の奥様ではありませんでした。

中国の大連にいるときも橋本氏は女性同伴ではなかったのですが現地の噂ではちゃんと女性は用意されてたようです。俗にいうハニートラップですね。

コメント