成婚率って大事でしょうか?

成婚という言葉を頻繁に盛大に使ってるのは結婚紹介会社です。全部の会社で相談してるのかこの言葉を普通に使ってますがどのような意味か分かりますか!?

成婚率が高ければ会員に登録すればその中の一人になれると考えてるのでは?

日本で最初に国内の結婚相談所を組織化した会社は上場しており絶対的な影響力を持ってますのでこの協会に加入する場合は入会金150万円が最低必要です。

このページでは正しい日本語を使ってます。婚姻ということばです、これは夫婦として入籍をした場合に使う言葉ですので59万組というのは最近の日本の結婚され、入籍をされた本当の夫婦になった数字です。59万組のうちの1%がこのIBJ(ウエッブサイト )という大組織のなかで実際に結婚されたとしてますので1%なら5900組となります。日本国中に1995社の加盟店があるので加盟店1店あたり2.9組を演出されてますのでこの数字は高いでしょうか? 斡旋会社は入会金150万円でこの実績・・・その斡旋会社で会員になって結婚をしたいと考える人はいくら払うのでしょうか・・・。

IBJのウェッブサイトデータ

会話倶楽部ではウラジオストクを訪問されるときはお互いにお見合いを承諾した人たちがお見合いをいたしますので普通は今後に向けて交際が始まるのが普通なので日本式に言えば成婚率は100%です。そこから結婚に至るカップル婚姻率は50%を切ってるのが運営側にとっては現在の一番の問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です