ロシアのジョークそして東欧ジョーク

アネクドート(ロシアのジョーク)
ジョークというより風刺(政治や警察)に関係するものが多いですがロシア人はアネクドートの最低100個や200個くらいを知らないと賢い人とは思ってくれません。人が集まった時は面白い話をする人は女性も注目してくれてます。ロシア人が日本人にアネクドートを話す時は前もってこのジョークは日本人に通じるかどうかを考えて話してくれる親切さがある人もいますがそうでない場合はアネクドートをロシア語から日本語に翻訳してもらっても理解できないことが多いですね。

例:ほとんどの人は理解できると思いますが・・・

Сын спрашивает у отца ГАИшника:
– Папа, а вы боитесь автомобилистов?
– С какой стати? Это они нас боятся!
– А зачем тогда на дороге вы от них в кустах прячетесь?

息子が交通警察官の父親に尋ねた。
「ねえ、パパは運転手さんのことが怖いの?」
「なぜだい?彼らがパパを怖がっているのさ!」
「じゃあなんでパパは運転手さんに見つからないように茂みに隠れてるの?」

警察に関するジョークは時々ロシアから動画が送られてきます。日本人ならわかるだろうと思ってwhatsupで送ってくれてます。

 

農業の収穫が最低で生活に困った農民たちがフルシチョフに苦情を出しました。食料が十分でなく牛や豚の飼料がなくロシアの豚は細身は肉がついてないという苦情に対してフルシチョフはある写真を見せて世界中が同じ状態だげソビエト人はまだ余裕があると信じてください、頑張ってくださいと言って見せた証拠写真はピグミー族の写真だったそうです。そしてソビエト人は頑張った?そうです。

 

ロシア以外の東欧もジョークが盛んです。私の場合はポーランドが長かったし分かりやすいジョークなのでロシアの高等アネクドートより好きです。人々が集まって食事やお酒を飲むときは各自のジョークの発表会で最近仕入れたジョークの披露をしたり子供たちはその話を黙って聞いてるようで自分のジョークの収集に努めてます。旧共産国の伝統なのでしょうね・・・

 

1955年にポーランドの首都、ワルシャワにロシアが建てた42階の文化宮殿はスターリン建築でワルシャワのど真ん中にありランドマークとして威風がありました。もちろんポーランド人はロシアが好きでないのでこの文化宮殿が出来る前は大反対がありましたが出来上がってからは反対をしてたポーランド人は42階高層ビルを褒め始めました。

ロシアの建築物はすごい、数千の部屋がありコンサートホールや映画館など文化展示がある。そしてエレベータで最上階に行くとワルシャワの街が全部見渡せることが出来てその景色の中にはこの文化宮殿が見えない!
(最後のセリフ、文化宮殿が見えない)というのがオチです。このロシアに対する風刺を知らないポーランド人はいないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です