ウラジオストクに住んだアメリカ女性のブログ(日記・手紙)

かつてウラジオストクに36年間住んだアメリカ女性が友人に毎日書いた手紙、今でいうブログが発見され彼女が愛したウラジオストクの当時のウラジオストクがロシア人には興味があるようで本で出版され後にその手紙をベースにした小説がロシアでベスト・セラーになったそうです。

ウラジオストクの観光スポットとして残ってます。
1894年から1930年までの激動の時間をウラジオストクで過ごしたそうです。
アメリカのメイン州出身だそうですがメイン州ってご存知ですか?
私が初めて到着した場所はメイン州でした。ロンドンからLCC(レイカ航空)でロスアンジェルスに飛んだ時にこのメイン州で飛行機が休憩で降りたのですがメイン州って全然知らない場所でした。

日露戦争、シベリア出兵、ロシア革命をウラジオストクで過ごしたアメリカ人ですので彼女の手紙は当時を語る貴重な情報です。

ウラジオストクから外国人がすべて追い出された時に最後にウラジオストクを離れた外国人だそうです。当時は日本人も5000人ほど住んでたのでこの女性が日本人をどう表してるか気になります。

当時のウラジオストクの海岸