子供の歌なのでしょうか?

ロシア語の歌を覚えましょう! とお勧めしてますが・・・皆さんはあまり興味がないようです・・・
それではロシアの何に興味があるのですか?
と質問したらまさか”ロシア女性”とは答えて欲しくないですね。
そのロシア女性に会った時にあなたの目の前でロシア女性がほほ笑んでくれるかどうかは少しの努力が必要ではないでしょうか? 何かロシア女性を虜にするテクニックがあれば別ですが・・・

ポーランドに行った時に知り合った高校生がポーランド語を教えてあげるということで習おうとしましたが日本語にはない発音のオンパレード。彼女はが話せるのはポーランド語とロシア語ですが私は数語のロシア語の単語を知ってるだけ。
彼女が一生懸命い教えてくれるのですが・・・そこで勉強方法を歌にしてもらいました。
日本の学校では結構、東欧の国々の歌を教えてくれてたので助かりました。
”森へ行きましょう”というポーランドの歌、みなさんも聞けば思い出すはずです。
日本の小学校では童謡?として教えてくれたはずですが下記の動画を見ればそれが間違いだったと分かるはずです。

歌詞は愛する女性を探してる歌で彼女の遺影はどこなぁ? どこの通りに住んでるのかなぁ?と最後は通りを見つけて家を…愛してる人の家を見つけたという内容です。特訓?のおかげで40数年前に習った歌ですが今でも歌えます。教えてくれた女性は現地で働いてた日本政府関係の人と結婚して日本にいるでしょう・・・私の影響でそうなったのかは知りません。

ロシア人にポーランド語とロシア語は似てるというと大概のロシア人はそれを否定します。
ポーランド語は濁る発音が多いというのがロシア人の説明です。二つのアルファベットで一つの音を発音する文字(sz dz cz…)が結構多いので独特の濁った発音になるからでしょう。でも、私にすれば20%位の単語はロシア語もポーランド語も同じのようですが・・・ロシア人は認めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です