少子化・日本の政治家の矛盾したお言葉vsロシア

時々騒がれる少子化という言葉。
都知事や日本政治のトップの人達が少子化と嘆くと不思議に思うのはそのお二人には子供がいません!

ロシアの少子化はどうなのでしょうか?

プーチン大統領になってから
赤ちゃんが出来ると政府からお金が出ます。数年前にロシア女性に聞いたら日本円で70万円くらいでした。二人産むと郊外に家が買えるくらいの金額なので子供が増えつつあるようです。

日本も真似をすれば良いですね。子供二人がいれば都内からい時間くらいの通勤圏のところにある家をプレゼント。これは確実に子供が増えると思います。そして教育費用と病院治療費は18歳まで無料。ついでに義務教育は3歳からとすれば教育関係の仕事が増えるし両親は日中は仕事にでることが可能です。昔はウラジオストクでアメリカ人やイタリア人の夫婦、ウラジオストクの赤ちゃんの養子を引き取りに来てる人達に会いました。現在はロシアは海外への養子縁組は禁止してるそうですが当時はまだ可能だったのでしょう。

アメリカの夫婦は希望した養子をアメリカから受け取りに来てましたがまだ若い夫婦です。
何かの理由で子供が出来ないのでしょうか?

一番驚いたのはロシアの赤ちゃんはハンディキャップのある赤ちゃんでした。ロシアで暮らして成長するよりアメリカに渡った方が幸せになるのかなぁ?と一瞬考えさせられました。
アメリカのモルモン教徒と話してくれましたが詳しいことは話すべきではないと判断しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です