この曲を日本の歌と言ったらロシア人は怒ります!

私独自の良い女性の見極め方・・・
この音楽、何か聞き覚えのある音楽ではないでしょうか?
昔、ロシアで大ヒットした歌ですのでこの曲は日本の曲・・・とロシア人に言ったら笑われる可能性が高いです。
でもそんな中のロシア人で日本人が日本の曲です!と言ったら驚いて そうなんですか、と日本人の説明を信じてくれる女性は良い女性です!

私のロシア女性チェックでダーチャは好きですか?と質問すれば今の若い女性たちは嫌いです、と即答するでしょう。インフラが整ってない場所が多いので当然ですが中にはダーチャガ好きですと答える女性もいます。
私の基準で良い女性です。

結婚する女性を美貌で選ぼうとする人は少なくないです。女性経験がほとんどないか少ない人ですね。
昔からの諺に 美人は三日経てば飽きる、という言葉があります。
綺麗な女性だからと貢げ続ければ・・・女性の顔が請求書に見えてきます。こうなったら御仕舞いです!

この歌はザ・ピーナッツが歌った恋のバカンスです。何故にロシアで流行ったかという説明は昔聞いたことがありますが日露の音感が似てるのでしょうね。

ウラジオストク女性が日本に持つ興味!

>>>クリック

新元号を迎えて新しい会話倶楽部の2つの企画の第一弾

日本の文化や伝統をロシア女性に説明出来ますか?
ウラジオストク女性達は身近にある二ホンの文化や伝統に興味があるからです。

それならどんな文化・・・これは人に寄りますが私が質問されて返答に困った例で説明します。

男根博物館・・・別名ペニス博物館もしくは秘宝館といえば日本各地にあるようです。ロシアにはないのでしょうか? 無いから質問したと思いますが今はウラジオストクに中国人用でしょうか以前はウラジオストク・ホテルの道を挟んだ反対側にあるようです。
私は行ったことがないので何があるか知りませんがロシア女性とデートでお勧めの場所かどうか責任モテませんが話題の一つでは良いかも。

春画・・・これは日本の芸術ですね。中国や韓国にも春画はありますがレベルが違います。俊画は縁起物ですのでポルノと思わないで下さい。

フランスの研究家がこんな説明をしてます

日本を訪れる西洋人の目にいつも珍妙に映るものがある。それは金山神社や弓削神社、田縣神社などの神道の聖域で若い女性たちが元気いっぱいに巨大な男根の像にまたがる光景だ。

男根像は「金精様」と呼ばれ、崇敬の対象にもなっている。見物に来た家族連れの子供たちが女性器を模したピンク色の飴を舐めていることもしばしばだ。日本では現代でも性のシンボルがお守りの力を持っているということなのだろうか。

『古事記』という西暦712年に編纂された日本最古の文献の一つがある。そこで語られた天地開闢の話によれば、2人の神、すなわち最初の男神と最初の女神が肉体的な愛の行為を考え出し、人類にはそれを手本として真似る使命が与えられたのだという。性的な抱擁が、いわば聖なる儀式となったわけだ。

神々の子孫たる人類は、その儀式をできるかぎり頻繁におこなうのがつとめとなった。肉体がまぐわうことにより、自然全体が揺り動かされ、それが五穀豊穣、子孫繁栄につながるとされた。

ここに日本人の性の多義性のすべてがあるように思われる。まるでセレモニーのように段取りがついた行為から、あふれんばかりの生命エネルギーが誘い出されるのである。