結婚を簡単に考えてる人お金があっても苦労する人

クウェートには昔からの友達がいます。4人の子供を持ちもう一人欲しいそうですが奥様が拒否してるそうです。
クウェートはアラブ国、イスラムの国ですので一夫多妻が現地の法律では許されるので彼の奥様は別の女性と子供を作ってください、と本妻からの許可が貰えたと友人は喜んでます!?
日本には一夫多妻制はありませんが別の形で法律的に許可されてる事実をご存知ですか?これはクウェートの友人が私に教えてくれました。

クウェート人の友達は12年前に日本人と結婚したいということで私のところに相談に来ました。
クウェートは昔から日本と仲が良い国(海水を飲料水にする技術)がクウェート人に高く評価されてるのが昔から日本びいきの理由です。

クウェートは湾岸諸国の一つで裕福な財政で東北大震災の時は日本に一番巨額な支援をした国というのは日本人はほとんど知りません。クウェート人にその巨額な支援のお礼を言うと ”日本は昔からクウェートを助けてくれてるので当然です”と言う一言の返答。

そのクウェートには50人を超す日本女性が現地の人と結婚して住んでますが日本人の多くはアラブ・イスラム系と聞くとテロリストを想像するようです。これは日本人だけでなく世界共通かもしれません。日本の空港入管もクウェートのパスポートをお見るとイスラム系・・・と考え次の行動は別室に連行して取り調べがあるそうです。区別がつきませんので・・・
クウェート人の初任給は1000万円(年収)を超えてると思います。高卒の年収です。税金は一切ありません。クウェートの友人は二人目の奥さんを貰うために勉強し過ぎて眼鏡をかけてます。
時々海外の大学で勉強し単位を取ると給料は500万円アップするそうです。彼はここ10数年でイギリスの大学院に二回留学してるので収入は普通以上でしょう。

私も同じような経験があります。南米のボリビアに入国した時、アメリカ人の友人と一緒だったのですが私だけパスポート検査が一番最後に回されました。そしてパスポートに何種類かのスタンプが押されその一つに この国では仕事は出来ません、とスペイン語のスタンプ。ダイヤモンドの上に乞食が住んでると言われた超貧乏国のボリビアで働く気は全くありませんが何故、日本人・・・正確にはアジア系はモロに差別を受けた思い出があります。

何故なのか・・・それまで南米のどこの国でも日本人は好意的に受け入れてくれたのですが。
首都ラパスでその理由がすぐに分かりました。

アジア系ビジネスが猛威を振るっておりたくさんの現地人を雇ってるのですが給料支払いの遅延、払わない、儲けたらすぐにアメリカへ引っ越してるアジアのある国の一団がアジア人の品位を貶めてる最中で現地の人の反感は強すぎました。

南米のスペイン語ではチノと言ったら中国人を指しますが他の意味で”汚い”という意味もあり子供達はアジア人を見るとチノといって石を投げるのが普通でした。日本人の中にはチノと言われて石を投げられると犯人のガキたちを捕まえて説教する人もいました。アジア人にもいろいろ種類があるのだ!という説教です。説教しながら頭を殴ってる人もいました・・・。ただし相手が小学校低学年生の場合です。

このボリビアで悪徳ビジネスをしてたのは中国系ではありません!中国人はその国に居着く習慣があります。悪事を尽くしてお金だけを持ってトンずらする国民性の国があります。

おね~ちゃんとHをするときに値段を値切り倒して終わった後は相手を殴ってお金を取り戻すDNAを持つ人たちです。

ロシア女性と結婚をしたいと相談に来られる方たちの対応をしてますが
”何故ロシア女性と結婚したいのですか?” と質問すると中には ロシア女性は綺麗だから・・・と堂々と返事をされる方は少なくないです。

綺麗だから結婚?
これは南米のクソガキたちがアジア人にチノ(汚い)と言って石を投げるのと同じではないでしょうか?
ロシア人は綺麗だからという人は ロシア語は話せませんし英語のレベルも片言。相手は日本語が通じないのでどうやって恋愛をするのですか?と当然な質問をすると返答はありません。

20年以上このロシア女性と結婚ビジネスを行ってますがロシア女性と交際し結婚に至る男性会員の方達はロシア語は勉強されてますし英語でも会話が出来るレベルの人達です。決してロシア女性が綺麗なんて話は出ません。恋愛経験のある人は分かってます。日本の美人と付き合うと女性の顔が請求書に見えてくる・・・と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です