保守的な日本の周りの国々・・・

この記事は約3分で読めます。

2月22日は竹島の日だそうです。今年で14回目の記念日・・・
日韓ではこの領土問題の決着は日本政府が踏ん切りがつかないようです。
国交断絶と騒ぐ日本人が増えてきてますが断絶をすれば困る人が出てきます。
日韓貿易額は一日130億円が韓国に売ってる額だそうですので国交断絶となれば130億円商売がゼロになりますので困る人が多く出ます。

知り合いの韓国男性と島の名称を日韓で統一しましょうと提案しました。
私の案では二つの名前を足して二で割れば、お互いが主張してる島の名前を一つづつ取る案は素晴らしいと思います。下記の赤い名前の部分を一つづつという意味です。

日本、ロシアそして韓国の3つの国をどの国がより保守的なのか?と考えると結構難しいですね。
超保守的な部分を考えると

ロシアはボーイフレンドと結婚相手ははっきり区別してることです。ロシア女性がこの男性は結婚相手と考えるときは結婚式まで体を開かないのが普通です。男性が女性をどれだけ大事に思っていてくれるかその証のためです。

韓国はこれまたビックリですが男同士でも猥談はしません。冗談で言っても理解してくれない韓国男性は少なくありません。韓国男性は酒の席でも猥談はご法度のようです。理由は”はしたない””人前で話すことではない”と韓国全体でこの教えが浸透してるようです。

日本は周りと問題を起こさないように相手に対して最大に怒った時に使う言葉は
”遺憾に存じます”の遺憾ということば。私は使ったことはありませんが日本人がこの言葉を使った場合は相手は怒ってる・・・と考える日本人はいませんが政府関係者はこの言葉を連発してます。
これを英語で言うとregretと説明してる人がいますが英語圏の人にも理解されないようです。
政府関係者が本当に気分を害してる時は最大限の怒り言葉は ”誠に遺憾に思います”
言われた方は、”ああそうですか”で聞き流しになります。

猥談という言葉は周りでは耳にしません。

ロシアではよくアネクドート(ロシアの面白小話)で周りの人を笑わせますが猥談はないですね。
ロシア女性は女性が集まった時は猥談はしますよ、とあるロシア女性が言ってましたが優等生風のその女性が猥談を話すなんて想像も出来ません。

女性がする猥談は私は中国女性が一番と思います。私の知ってる中国女性、彼女は人前で最近仕入れた中国猥談を話してましたが中国人には面白くても日本人には面白くないとわざわざ中身を吟味して話してくれました。

ロシア人が集まる中にはいると時々、日本のアネクドートを話してください、と言われることが多々あるのでロシア人受けするアネクドートは何本か仕入れておく必要があります。

ロシア人からアネクドートを話してくださいと言われたときに”私は出来ません”と言ったらその場が凍ってしまいますので出来ませんは禁句です。

会話や座談がとぎれて、一座の者が黙り込むことをフランス語の諺でアナンジュパスと言います。
ド白けたという意味です。 目の前を天使が通り過ぎていく・・・直訳。
ロシア人はフランス語が好きな人が多いのでロシア人にフランス語を教えてあげるとこの諺を使ったらどうでしょうか。

ロシアではお酒の席などでは乾杯の音頭と一言挨拶の儀がありますので何を話すかは・・・これも出来ませんではロシア人達は白けてしまいますので挨拶の儀は断らないでください。
何を話すか・・・と分からない時は日本語で話せばよいのです。周りにいる日本語の分かるロシア人が通訳してくれるか一応挨拶したので白け度が消えるでしょう。

コメント