ロシアに家を持つロシア女性には資産家が多い!

ロシアの将来、日本の将来その他を考えるとロシアに家を所有するのは一つのアイデアと会員さんでロシアに家を買われてる方は何人かいます。また3月11日「東日本大震災」以降もロシアに家を買って資産運用より日本の将来を考えてロシアに家を買われたようです。

当時はロシアで家を買うのは日本の比ではなく日本円300万円くらいが平均だったと覚えてます。
その中のお1人とロシアに買われた家の話をしたら今は約8倍に値段があがってるそうです。
ロシアの親戚に貸してるのでちょっとした家賃収入があるそうです。

前にどうするんですか?と尋ねたら
別に何もする計画はないので放っておきます、と言ってましたが最近は退職した後は日本よりロシアの方が住み心地が良くなってるので引っ越しようかなぁ!?と考えてるそうです

国際結婚の一つのメリットは帰る場所である遠慮しないで住める場所、実家が二つある事です。
今後の不明な将来において日本は永遠に平和であるという保証はありません。
ロシアに住む・・・という話は会話倶楽部を始めた22年前には誰も話さなかった話題です。

ロシアに家を買わないまでも大体のロシア人は親の家を相続で引き継ぐのでロシア妻がロシアに家を所有する可能性は非常に高いです。ロシアは相続税がほとんどない状態ですので家を所有するということはロシアでは一生ローンを払い続けると家のために働く必要はないので将来設計で大部分を占める住む場所で悩む必要はないですね。

ある20歳代の会話女性・・・彼女は家を二件所有してます。家賃収入で仕事は必須ではありませんと笑って話してくれました。

会話倶楽部の女性ファイルで身長や体重より大事なのは・・・外見より大事なのは家(アパート)をいくつ所有してるかという数字ではないでしょうか?ロシア女性は資産家なのです!

20年ほど前、女性会員のお母さんが所有してたアパートを3軒手放した時はウラジオストク一番の金持ちですと噂になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です