・・・ロシアには愛人はいません!

正月で年は変わりますが今年は平成から新しい新年号が4月に発表され5月からは新しい時代へ。
毎日の生活に変化はないと思いますが今年の末には今思いもつかない何かが出てきてるでしょうね。

結婚をしない人はどうやって一緒に時間を過ごす人を探すのか?と気になって検索でゲイとレズを探したらビックリするくらいのサイトがネット紹介されてます。こんなにあるのかと正直びっくりしましたが私の趣味ではないので中までは観たくありませんでしたが利用者は相当おられるようです。

料金は出会い系サイトの倍くらいで月会費は1万円以下のようです。
仲介会社は好みの男性を紹介するだけで相談とかアドバイスがあるかは不明というか必要ないでしょうね。そしてカップリングが出来ても成婚料はないでしょうね。

男性の場合はゲイでなく両刀使いが多いそうです。
今まで耳にして覚えた単語でAC/DCは英語圏では両刀使いの事です。
異性だけという人はストレートですので何かの時に自己紹介をする場合は性的思嗜好は英語で言えると間違って勘違いされることを避けれますね。

異性と知り合う、深い関係になる場合はレベルによって使う金額が異なってきます。
そんな中で高額なのは”愛人倶楽部”という法律に触れない異性交際です。これは警察に届けば提出すれば法律違反にはならないそうです。

ネットには数多の愛人倶楽部がありますが胡散臭いですね。しかし、ある会社はまっとうにビジネスをされており日本で一番信頼のある会社だと思います。ロシアの運営者が来日した時にその会社の経営者を交えて話をしました。彼は海外進出を考えてるそうでいろいろ質問をされました。

ロシアの運営者が言うにはロシアでは愛人関係の女性を紹介するのは無理ですね、という話。
愛人関係は仮に最後まで行った時はお小遣い、お手当を渡さなければ女性が怒ります。女性はお金が目的ですので当然です。
ネットにこの会社でどれくらい使ったか情報を書かれてる人がいます>>>ここをクリック

他にも会員ブログでお金の事を書かれてる人がいます。皆さん、最後に払うお金が気になるのでしょうね・・・。
ウラジオストクの場合は女性会員と食事などをした時、別れるときに時間が夜の場合はエチケットでタクシー代金を渡すのがスマートです。女性が住む場所にもよりますが大体500ルーブルが相場でしょう。(日本円で800円前後)。

初めて会う異性同士、女性を紹介されても会った時にお互いが納得しないと食事をして終わりですのでお金を払えば女性をモノに出来るというものではありません。

ロシアの運営者がこの会社の社長さんにロシアでは無理です、と言った理由は愛人というのはロシアには存在しないからです。そして事が終わったらお金を渡す・・・これはロシア女性は売春と考えますのでお金を男性が払おうとすると女性から張り倒されるでしょうね。ロシア女性とはガールフレンドの関係で男性がデート費用(食事等)を払うだけで充分だからです。

ロシアではデートで食事は普通のロシア人が楽しむデートコースではありません。
理由はロシア人は外食しないからです。最近はカフェが増えて軽食を食べる人はいますがそれでも決して安い料金ではありません(ほとんどのロシア人にとって)。

ウラジオストクに日本から里帰りウラジオストク女性、一カ月の予定で10万円を持っていったら1週間で使い切りそうになり驚いたそうです。

ロシアにナンパに出かける日本人が多いですがロシア女性をナンパして最後まで行った・・・なんて話はネットにはありません。いつか誰かが創作を書くかもしれませんが・・・。

ロシア人の伝統を理解してればナンパした日に最後まで行くことは可能ですがお金を請求されるでしょう。お金を請求するのはプロの女性でしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です