【女性にもてる男性】

この記事は約3分で読めます。

女性にモテる男性は男性にも好かれます。
逆に男性に好かれない男性で女性にも好かれない場合が多々ありますね。

日本男性で女性も好かれた男性のお1人を紹介します。

下記の写真は私のパートナーの友達でその息子です。息子の名前は虎鉄と勇ましい名前で妹は小町。
子供の教育はお父さんが行っており滅茶苦茶厳しく育ててますが子供たちは順応してます。
その厳しさが彼のポリシーでそれが女性には魅力的なのでしょう。

宅急便の仕事を5年ほど行ってる時に我が家に配達に来たときにパートナーの名前をフランス人と思ったそうでフランス語で話しかけてきたのが知り合った経緯です。
フランス語をどうして話すのですかと質問したら5年間フランスで軍人、外人部隊に勤務してたそうです。外人部隊という名前はフランス女性の憧れですので私のパートナーは一瞬で彼のファンになりました。そして知り合いのフランス人に電話をしまくり外人部隊の知り合いが出来たと報告してました。近所の芸能プロダクションで働く元女優の女性も彼にぞっこんになりましたが彼の好みではなかったようで失恋のショックでアメリカに引っ越しました。

宅急便を会社を辞めて自分で運送屋を開き現在は社員数30名の経営者です。
日本語、英語そしてフランス語の3カ国語が話せるので得意先は外資系が多いですね。
彼の特徴は決断が早いことです。YES/NOは即断で決めますので考えこむということはほとんどありません。お世辞を言わないのも女性に好かれてました。

彼が結婚した相手は私が食事をした時に食べ残しは絶対に認めない人で子供にはお米を作るのに88の過程があるのでそのことを忘れては駄目で食べ物は大事にしなさいと躾けてました。

虎鉄君は週一回は海に連れていけ大きな声を出す訓練をさせてるそうです。
子供の塾通いは小太鼓の練習。それも週二回とハードな日課です。
おねだりは絶対に禁止で欲しいものは自分でお金を稼ぐときに買うと躾けてますので他の日本家庭とは異なる教育方針ですので子供がどのように成長するか楽しみです。

妹の小町ちゃん(4歳)が初めて私のパートナーに会うときに事前にお母さんんに”ミュリエルさんはどう呼べばよいのですか?”と質問したそうです。

ミュリエルさんもしくはミュリエルおばさんのどちらが良いのか悩んだそうです。

最近はテレビやYoutubeで元外人部隊の日本人がいろいろ話をしてますがほとんどの日本人は途中中退、脱走兵で途中で逃げた人たちです。名簿があるのでそれを見ればすぐに分かるそうですが・・・
でも、外人部隊と言えば日本でも一目置かれるようです。

ロシア女性はサムライという映画が流行った時にサムライ日本人を紹介してくださいと何人からも頼まれたことがあります。ロシア人が考えるサムライとは何なのかを理解すればロシア女性に興味を持たれるのではないでしょうか?決して刀をさしたりちょんまげを結うことではありません。

コメント