高齢出産ロシアは38がギリギリ、日本は高度医療があります・・・

高齢出産はロシア女性は最大でも38歳と考えてるようです。
知り合いの女性は35歳がアメリカと同じで限界と考えてるようでその年齢を超しても妊娠できないので本人は子供を諦めるべきかと悩んでました。

不妊治療でシンガポールと韓国の病院に通ったことがあるそうです。お金だけはたくさん使って結果が出なかったのは運命と考えるしかないですね。

子供が欲しくても産めない夫婦はロシアでは養子縁組で子供を自分の子供として育てるのが普通でしたがその養子も今では簡単ではないようです。

何年か前にウズベキスタンの知り合いが私と私のパートナーにすばらしいニュースがありますと電話がかかってきました。彼の知り合いの女性が子供を養子に出したいのでその優先権を私たちが貰えるというニュースです。
私たちは子供は欲しくありませんと答えたら彼はびっくりしました。
欲しくないという人に今まで出会ったことがない表情になったのでしょう。

昔はアメリカの宗教団体がウラジオストクに養子を引き取りにくてる場面に何度か会いました。
障害のある子どもが対象です。モルモン教徒の人達でした。日本人で海外に出かけて障害のある子どもを養子にしたという話は聞いたことがありません。

日本人男性は東南アジアの各地で水商売の女性と結婚して彼女を幸せにしてあげたい、と考えてる人は私の知ってる人で何人かいます。男性の考えと優しさを女性が理解してくれれば良いカップルになると思いますが・・・問題は女性の教育レベルです。外見は綺麗でも・・・中身は文盲だったり数字の計算が出来なかったり文字が書けない人も少なくないですね。でも、女性の境遇と外見の美しさに同情心を持つのが日本人です。

ドイツ人も同じように水商売の女性と結婚して女性をドイツに連れて行く人がいます。
日本人とドイツ人の大きな違いは
日本人は女性を幸せにしたいと考えますがドイツ人はドイツに女性を連れて行き前と同じ仕事に就かせて男性は・・・
別にドイツ人に対して嫌悪感はありませせんがバンコクでよく聞いた話です。
ドイツ人と話すチャンスがあればこの話をしてドイツ人の反応を見るのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です