大量のウクライナ人がポーランドへ

こんなニュースは日本では話題にもなりませんがポーランドの知り合いと話してたら急にこの話題が出てきました。ウクライナからの労働者だそうです。日本ももうすぐ新しい入管法で大勢の外国人労働者が日本に来ますがアジア系がほとんどですね。

ポーランドからはすでに百万人以上がイギリスに渡って住み着いてます。
そのポーランドにウクライナからの移民労働者・・・
普通なら同じ言語のロシアに行くのですが政治的事情でロシアには行けません。

ロシアも中央アジアや中国から大量の労働移民が入ってきてます。

スリランカにはパキスタンから難民が数千人住み着いてますがスリランカ人は日本に仕事で来日したひとがたくさんいます。

ポーランドの友達の息子が最近ウクライナへ旅したそうですが一番驚いたのは物価の安さで特にレストランの食事の料金は驚くほどに安かったそうです。

この息子さんが15歳の時二人でワルシャワのスターバックスへ行きました。
私がスターバックスと行っても彼は知らなかったようですが説明をし続けたら

”ああ、あの高級コーヒー店ですね”
と気が付いたようでまだ高いコーヒー店には行ったことがないそうですがその時の料金は日本より安かった・・・と記憶してます。

ポーランドとウクライナの関係は言葉が似てることです。
私もウクライナに行ったときに現地の人の会話を聞いていたらポーランド語に似てると思いました。
ウクライナ人ってポーランド語とロシア語が話せる人が多いので言葉で問題が少ないポーランドで仕事をしてるのでしょうか?と一人で考えてます。

ウクライナ人の仕事は日本でいう3Kで収入は高くないので可哀そうと私の友人の話。
というポーランド人もイギリスでは多くの人が3Kの仕事をしてます。

才能(努力を重ねた人)はイギリスではITなのでイギリス人と同じ給料で働いてる人たちもいます。これは日本も同じですね・・・

私の奥様は帰省中・・・

母国に戻ってるので里帰りですが現地には両親は既に亡くなっていますので里帰りではないですね。
すでに生まれた所より日本生活の方が長いので国籍を変更する考えは全くないようです。

私が死んだら灰をセーヌ川に流してください、というのが遺言に残してます。

今回の帰国は25日間、私には最初の数日はリラックスできる時間です。
これは今までの里帰りの時に感じたのと同じです。
今回はベッドメイクを一人で行うことに疲れがでてます。
普段は二人で一緒にするのでが彼女のベッドメイクはフランス伝統でお母さんの躾なのでしょうね。

キーワードが軍隊式・・・です。
ヘリを畳んで折り目を合わせてピシーット揃えないとOKが出ません。

日本に帰る前日は室内掃除を私なりに完璧ににしてるのですが帰宅すると必ず出る言葉は・・・

まぁ、家中が汚い・・・やっぱり私がいないとあなたは一人で暮らすとこんな汚い状態にしてしまうわね。

この時は私の反論は全くありません。家の中の掃除具合は日本人と彼女の感覚とは異なるからです。
帰国後は2日間くらい一生懸命あちこちを磨いたり掃除してます。

彼女が納得できるまでに家の中の掃除や整頓が終わると終了の言葉。

今日はサングラスを家でずっと付けてください。

この意味が分かりますか?