私の奥様は帰省中・・・

母国に戻ってるので里帰りですが現地には両親は既に亡くなっていますので里帰りではないですね。
すでに生まれた所より日本生活の方が長いので国籍を変更する考えは全くないようです。

私が死んだら灰をセーヌ川に流してください、というのが遺言に残してます。

今回の帰国は25日間、私には最初の数日はリラックスできる時間です。
これは今までの里帰りの時に感じたのと同じです。
今回はベッドメイクを一人で行うことに疲れがでてます。
普段は二人で一緒にするのでが彼女のベッドメイクはフランス伝統でお母さんの躾なのでしょうね。

キーワードが軍隊式・・・です。
ヘリを畳んで折り目を合わせてピシーット揃えないとOKが出ません。

日本に帰る前日は室内掃除を私なりに完璧ににしてるのですが帰宅すると必ず出る言葉は・・・

まぁ、家中が汚い・・・やっぱり私がいないとあなたは一人で暮らすとこんな汚い状態にしてしまうわね。

この時は私の反論は全くありません。家の中の掃除具合は日本人と彼女の感覚とは異なるからです。
帰国後は2日間くらい一生懸命あちこちを磨いたり掃除してます。

彼女が納得できるまでに家の中の掃除や整頓が終わると終了の言葉。

今日はサングラスを家でずっと付けてください。

この意味が分かりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です