パリの中心地で爆発?

本日は私のパートナーがパリに帰国する日です。
昨日はパリの中心地で爆発があったようです。このニュースは私は知ってましたが帰国する妻には話しませんでしたがネットでこの事件を見つけたようです。

パリの中心地と書いてありますのでオペラ周辺かと思いましたが記事に目を通すとパリ9区のようです。パリ9区・・・と考えたら私の妻のアパートがある地域です。彼女は15年ほど日本で一生懸命の働いたお金を貯めて購入した小さなアパートを所有しておりそのアパートをリニューアルしたのでその出来具合を見に行くのが帰国の目的です。

フランス女性は今までは30歳で小さなアパートを所有し5年ローンで支払いが終わったらちょっと広いアパートを買い替えるのがフランス女性の本能ですので老後の貯えのようです。日本で天地異変が起きた時は私たちはフランスに飛べば住むとこがあるのでその為に彼女は買ったようです。私も一緒についていけば住むところは問題ありません。

これはロシア女性も同じですね。仕事をして貯金してロシアのマンションを購入する人は月収4000ドル以上なら可能ですが一部のキャリアウーマンの特権です。

しかしロシアには日本では考えられないロシア伝統があります。ロシアの住居は国からの賃貸で収入の10%が家賃だった時代がありますので現在もほぼ同じではないでしょうか?

ほとんどのロシア人はそのようなアパートに住んでますのでその住人、つまりおばあさんやおじいさんが亡くなった時は孫にそのアパートの権利が譲られますので若い女性でも家持というのはロシアでは不思議なことではありません。

おまけにロシアの相続税は・・・ほぼ考えなくても良い金額だそうです。

私の知り合いは・・・おばあさん関係から3軒のアパートを相続で貰ってますので家賃収入で普通に暮らしてます。

会話倶楽部の24歳の女性が”私はアパートを持ってます”とお見合いの時に日本男性に話をしたらその男性は 想像力が逞しいのでしょうか・・・
この女の子は怪しげな仕事でお金を稼いだのでは?と疑い始めました・・・。

もっとロシアの実情を勉強して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です