9月24日から9月30日までは現地運営者モスクワ出張でお休みです

里帰り・・・国際結婚はお金がかかる!?

この記事は約2分で読めます。

国際結婚は妻が里帰りするときの費用や子供を連れて帰国するのでお金がかかるという人がいました。私はびっくり・・・しました。

国際結婚の相手の奥様が世界標準の考えを持つ人なら帰国費用は自分で支払うのが当然と思ってますのでここでいう世界標準は欧米人が対象となるのでしょうか?

異文化人と結婚するときに事前に話し合いをしておくべき問題です。男性の中には専業主婦を希望とロシア女性を家に閉じ込めておく考えの人もおられますので女性は仕事をしないので収入がないので帰国費用は工面できません。専業主婦を希望する人は里帰りの費用で女性に文句を言うべきではないですね。

ウラジオストク女性で専業主婦希望と熱望してる人は皆無ですのでロシア妻が日本に住み始めたら仕事をしてもらうのが夫婦円満の秘訣です。

ロシア女性って子育て、家事全般そして仕事をするのが女性の努めと信じてる人達ですので特別扱いは必要ないと思います。

結婚して来日したロシア妻は最低年一回は帰国を希望します。友達と会いたい、親と色々話をするtことがある・・・と普通の理由です。
しかし、毎年の里帰りは私の経験で3回くらい、つまり三年を過ぎるとロシアに戻る回数が少なくなってきます。理由は・・・ロシアに戻ってもつまらないという理由です。日本の同窓会を連想してください。中には幹事になって同窓会に情熱をつぎ込む人もいますが同窓会って年が過ぎるごとに参加者は減ってきます。昔は一緒に遊んだ中でも大人になって仕事をしだすと同窓会で昔の知り合いに合う気持ちも衰えてくるのが普通です。まぁ40年ぶりに同窓会に参加して昔の仲間と昔話で話は弾みましたが毎年会う必要はないと私の経験で感じました。

会話倶楽部ロシア妻の中には親が会いたかったら日本に来てください!と宣言してる女性たちは少なくはありません!

コメント