システム

ロシア女性と結婚したいと考え行動をとられる方は多いです。22年間そのような日本男性をサポートしてましたが最近は結婚率が50%を切りそうなので新しいシステムをスタートします。
新システム、会話倶楽部ではロシア女性の結婚相手は最初は紹介しません!
その代わりロシア女性に慣れてもらうためにガールフレンド候補者(大人の友達)を紹介します。
ロシアでは男女が知り合うのはナンパが普通です。

あなたがロシアでナンパが出来るならウラジオストクでナンパをしてください。ナンパが得意でない方はナンパしたい女性(会員ファイル)からお選びいただければウラジオストクで希望女性が目の前に座ってくれ日本語通訳(ロシア男性)があなたの言いたいことをロシア女性に失礼がないように話してくれます。

ロシアには日本と違って習慣が異なることがありますのでロシア女性と付き合うことでロシアを知ることが出来まロシアに慣れることが出来るでしょう。そしてロシア男性のように女性に振舞えれば自分でも新しいチャンスを見つけるテクニックが学べるのではないでしょうか?日本ではあり得ないレディーファーストはロシアではとても大事ですので自然に身に着けて女性をエスコートする方法をスムーズに行うことが出来れば日本女性もその動きに良い意味でのビックリをするでしょう。
また、ロシア女性は男性は女性にいつも注意を払うべきだと信じてる人達ですのでその期待を裏切らないでください。女性が何かわからない理由で怒ってる時は大体は男性の注意不足が原因です。

迷信深いロシア人、そして結婚までは体を開かないロシア女性達・・・が少なくないです。
イギリスの古い伝統をロシアは引き継いでる人が多いです。
俗に言われるビクトリアン教育で結婚までは体の関係は持たないという女性の鉄則。
数世紀前の伝統ですがウラジオストクにはまだ残ってる伝統です。
結婚の前に女性に迫ったら・・・女性は頑固に拒否します。
“私の前の前にいる男は体だけが目的の男だ!”
と女性に思われないように男性は結婚式まで我慢が必要なのです。

ロシアの習慣やロシア女性に慣れてもらうために結婚を目的としてないウラジオストク女性と気楽に交際してもらうのが新しいシステムです。何人かのロシア女性と交際してロシア女性を理解されてからあなたに相応しいウラジオストク女性に出会うのはいかがでしょうか。
ご紹介する女性は知り合いの女性達でほとんどが横の繋がりですので安心です。
女性には結婚でなく日本のボーイフレンドを紹介すると伝えてありますので結婚という言葉をお互いに使うのはタブーです。

ロシア人の日本ビザは現在は2週間滞在のビザは手続きを行えば取得できます(ウラジオストクオフィスが代理取得で150ドル)。最近のニュースではちかじかロシア人の日本ビザは90日間は何度でも出入り自由のビザが実現すると聞いてます。

ウラジオストクから日本への航空便は成田、関空は直行便そしてソウル経由なら日本の各地の空港を利用することも可能です。航空運賃は3万円台から(往復)。

担当ロシア人通訳はロシア人男性が担当
お見合いならロシア女性の通訳を使ってますが新システムではロシア男性が担当します。
理由はお見合いでないので女性を口説く補助通訳が必要です。