何歳までに子供が欲しいですか?

ロシア女性と結婚して子供が欲しいと考える方はあなたが子供を持ちたい年齢から5年を引いてください。会話倶楽部システムで入会から結婚そして出産までの期間は平均が5年

例えば50歳までに子供を持ちたい方は 50-5 である45歳までに婚活を始め2年ぐらいの交際の後に結婚することがベストとお考え下さい。
会話倶楽部の平均交際年月、入籍迄の会員さん平均期間は2年で

結婚したからと言ってロさ女性は直ぐには子供は産もうとは考えません。
日本語の勉強で普通に話せるようにならないと病院には一人で通院できません。優しい旦那さまでもいつでもは自由に病院に付き添うことが出来ないからです。

会話倶楽部で結婚してウラジオストク女性が子供を作ろうと準備が整うのは平均で結婚して3年目ですので交際の時期を合わせると5年目に子供が出来る計算です。

ロシア女性と出会って数カ月で結婚、女性が日本来日ですぐに子作りを行えば1年ちょっとでパパになるとお考えの方はロシア女性とのお考え直してください。

ロシア女性には交際期間(交際してる男性が将来の夫となるべき人かどうかを見き分ける期間を交際期間と言います)が人によっては最低半年から2年となってます。一目ぼれはロシアにはありませんので会ってすぐに結婚はお互いにの意思疎通が十分に出来る人でもありません。

ウラジオストクで女性とお見合いを行い、お互いに良い印象を持った場合は将来に備えてお互いもっと知るためにいろいろな手段で連絡を取り合うことが大切です。その期間(半年くらい)を経てから女性は男性と真剣に結婚を前提に交際が始まるのがロシアで言う交際の始まりです。その交際が順調に進展することでお二人の関係は恋人関係そして女性が結婚を意識したら親に紹介するのがロシアだけでなく欧米のスタイルですので日本とは少しことなるかも知れませんがロシア女性はこのスタイルで結婚するのが普通と考えてますので日本式は通用しないと考えてください。

会話倶楽部ではウラジオストクでお見合いをされる時は最低お二人の女性とのお見合いをお勧めしてます。その二人の女性とお見合いをされて気に行った場合はお一人だけでなくお二人と帰国後に遠距離交際を始めてください。同時進行は女性に失礼だという方が時々おられますがお互いをもっと知るために同時進行するのであり世間で言われる二股ではありませんのご誤解しないでください。現地で一度か二度会われた女性はお互いい恋人同士では決してありませんので誤解しないでください。まだ、日本とロシアの友達同士の関係です。この期間中は女性を怖がらせないために将来の二人の話、結婚式の話など結婚を匂わす話は男性からは絶対にしないでください。女性が怖がってしまします。この男性は結婚を餌に私をどうしようと考えてるのか理解できずに女性が不安になるからです。

お互いに二人の関係が上手く行ってると思ったら男性は再度のウラジオストク訪問、もしくは時間がない場合は女性を日本に招待して男性の住む住環境を見てもらうことはお勧めです。時期によりウラジオストク女性を日本に招待する費用は5万円(チケットと日本ビザ)くらいと最近は格段にやすくなってます。

女性が来日したら女性が承諾いた場合ですがホテルはもったいないので男性の家に泊ることをお勧めします。ただし、絶対に女性には手を出さないでください。

ロシア女性は結婚に関しては特に保守的な考えの人が多いですのでしばらく我慢してください。結婚相手の男性を私を優しく扱ってくれる人と考えてますので仮に女性に迫ったら男性に対する信頼度はゼロ、普通の男となりますので結婚相手ではないと思われます。

会話倶楽部の平均的な会員さん達の流れで説明してますがもちろん例外もあります。女性が男性を本当に好きになったら女性が親に合わせたがるのでその雰囲気でわかります。